1.伊野駅側線跡


 伊野駅のトイレの横にそれはある。トイレの横より高知方面向きに側線があった。現在車止めの跡が残っている。


 同じ場所から高知方面。
 奥のほうで溝が不自然に本線のほうにカーブしている。

2.斗賀野駅側線跡

 斗賀野駅の駅舎向かって左側にある。車止め部分、陰になって見にくくなってしまったが残っている。線路跡はお花畑になっている。

3.高知駅前電停の今昔

 高知駅前電停は開業当時は西(高知署前方面)へあり、電停は高知通運高知支店付近にあった。都市計画で駅前広場を広めるとき軌道の一部が広場にかぶってしまうため移設したそうである。それで新しくできたのが2001年まで使われていた東側の停留所である。この停留所は高知駅前改良工事に合わせ同年移転してきた。今までは駅から遠く、階段のきつい陸橋を上り下りしなければならなかったが改札を出てすぐ目の前という便利さになった。ただ、これはまだ仮設のもので、の高知駅高架化の際にまた付け直す模様。

4.旧国分川橋梁と布師田駅跡

 今年(2013年)は高知豪雨から15年目だそうだ。もうそんなに経ったのかと驚いた。さて、この災害では国分川流域の被害がすごかった。というのも、国分川の河川改良が遅れており、堤防の低いところから平地にどんどん水が溢れてきたためである。鉄道の被害も甚だしく、国分川橋梁東詰の築堤が崩壊した。橋梁そのものは国分川の濁流に耐えたが、鉄橋周辺の河川改良が決まり、それに伴い新たにトラス橋に架け替えられる事となった。画像は旧橋梁跡を多度津側より写す。右にはトラス橋に生まれ変わった国分川橋梁。

 同じ場所から多度津側を写した。この付近は河川改良のゴタゴタに紛れて痕跡がなくなっている。遠くに橋台が写っているが、これは国分川橋梁のものではない。線路の移動にともなって、国分川橋梁の他にも小さな鉄橋が二本撤去されている。これは二本目の鉄橋のものだ。道路と橋台の間にある空き地は築堤を撤去した跡である。豪雨で崩れたのもこの部分である。
 
 橋台の上から高知側を見る。ここにあった鉄橋の名前はわからない。ニュース映像などでここの線路が宙ぶらりんになっている画を覚えている人も多いだろう。ひょっとしたら、この鉄橋は流出してしまったのかもしれない。

 更に多度津側へ進む。市道が線路の下をくぐっているが、これも元々は築堤の上で平面交差していた。

 すぐそばには見落とされがちだが、水路を跨いでいた橋の跡がある。

 次は高知側へ移動した。高知側から旧橋梁跡を写した。

 同じ場所から高知側。As舗装された空き地は築堤を撤去した跡地である。右に見えるのは布師田駅。元々は築堤上にあったが、架け替えに伴い移転した。高知駅周辺の高架化事業まで土讃線唯一の高架駅だった。

 そういえばどこかにと思ってCD−Rを漁ったら旧線時代の写真が出てきた。隣ではすでに新線の橋脚が出来つつある。

 こちらは布師田駅。こんな写真しかなかった。背後ではやはり新線と新駅が出来つつある。この右の方にも踏切があった。