安居林道弘澤線下部軌道・インクライン跡



 安居林道にも数少ないが支線が存在する。弘澤線、八十五支線の二つである。その内まともな遺構が期待できるのは、この弘澤線が唯一無二であろうと思う。弘澤線は、手っ取り早く言うと見返りの滝の横にあった路線である。上部軌道と下部軌道に別れており、インクラインが両者を結んでいる。延長は上下あわせて1500mほどあったようだが、下部軌道が二級線、上部軌道がそれより劣る牛馬道となっているため、遺構を期待できるのは上部軌道を除いた数百メートル程だろう(詳細はレポ内で)。
 この路線の詳細は長らく不明だった。自分自身、安居線の調査中に一度現状確認を試みたが、情報不足のため何ら成果を挙げられず、断念している。時は流れ、次の画像が転機となった。

 この画像は地理院地図(http://maps.gsi.go.jp/)の画像を必要な部分だけ切り出し制作したものである。たぶん、モノクロ画像に斜面を一直線に駆け上がる線があるのに気付くだろう。これはインクライン跡である。この画像は終戦から間もないころに米空軍が撮影したものである。偶然にも弘澤線の真上に近いところで撮影されており、林鉄跡(当時は現役)としてはこの上ないほどに鮮明に道筋が映し出されている。米軍の空中写真は以前より公開されていたが、解像度が極めて低く、とても不鮮明であった。それが近年改善されたようで、先述のような偶然もあって、初めてこの路線の実体が明らかになった(実はそれまで、安居線とは索道で結ばれていたのではと考えていた)。こうした新事実に触れ、再び弘澤線に対する興味が沸き起こるのは当然のことだろう。

※山行が風の書き方は時間がかかるので戻しました。

 前置きが長くなったが、下部軌道は500mもないと思われるし、牛馬道の上部軌道はまともな遺構が期待できない。なので書くこともさほどないのでたぶんこの1ページで完結しそうだ。というわけで、いきなり見返りの滝の前だ。県道に入り7キロほど行くと滝に着く。看板を無理やり入れたので変な構図。

 橋の上から撮影。大小の滝が二段重ねになった構造。軌道跡はこの画像の範囲内にあるはずだが、植生によりその姿を捉えることができない。光線がよほど悪くない限り人間の目には見える。たぶん、滝を見ている人は、それとは知らずに軌道跡の石積みなんかも見ていると思う。
 安居線との分岐は滝から少し上流側に行った所にある。何かしれっと残っている。
 巨大なコンクリート製の橋脚である。この発見は少し衝撃を受けた。安居線の調査中、この道は幾度と通ってきたし、最初に弘澤線に関心を持ったときもここで足を止め、多少なりとも注意深く観察したつもりだった。結局、ある種の先入観的なものが働いて、ここに遺構はないと決めつけてしまっていたようだ。当初は索道で谷を越えていたのでは?と考えていたという点もある。
 橋台も残っている。
 下を見ると、右岸側の橋脚も残っているのが確認できた。木造橋だった証である穴が残っている。。
 橋台から下流方向を見る。下を流れるのが安居川。画面奥が下流側である。見返りの滝は安居川にぶつかるように合流している。まだ渓谷の中心ではないが、すでに渓谷美が広がっている。
 とても渡れるような谷ではないので、この正面の斜面にある道を行く。前回来たときに確認したルートだ。
 駐車場所を見下ろす。道路はかつての安居線を踏襲している。道路橋の間に橋がかかっていて、今も片方の橋台が残る。
 山道を五分ほど歩く。
 河原に着く。
 石垣が残っている。ここがインクラインの下端だろう。
 実に何事もなくあっさりと下部軌道跡にたどり着いた。まずは本線側を橋脚の方に向けて歩いてみる。距離はそんなにないはずだ。
 滝と安居川の合流地点の右カーブまでは上々の保存状況だが
 安居川沿いは少し荒廃が進んでいる。
 車を止めた所が見える。向こう側からもこちらが見えるはずだが、あると知っていなければ、軌道跡の存在に気付くことは難しいだろう。この日は愛車は修理中で代車での出動である。
 そして安居川にぶつかり、路盤は途切れる。
 斜面の下には対岸で見たようにコンクリート製の橋脚が残っている。
 斜面を降り、近づけるところまで行ってみる。
 その威容が間近に迫る。いつ頃建設されたか不明となっているが、板枠の跡も生々しく、古い時代の建造であることが伺える。実際、最古の記録が昭和25年のものなので、70年は経過していそうだ。
 上面を見る。対岸でも見た通り、橋脚を差し込んでいた穴がある。その穴に名も知らぬ木(自分が詳しくないだけ)が根付いている。いや、根付くのか? 意外と穴が深いのかもしれない。
 対岸を見る。県道と橋台と橋脚の位置関係が分かる。
 後ろを見ると、壁。今こんな所。
 さて、下部軌道跡は以上である。今度はインクラインを登ってみようと思う。画像はインクラインの下端部分だが、斜面が崩れて路盤が欠損している。これがなければ、前回来たときにインクラインだと気付けたかもしれない。
 登るとは言っても、これは大変だ。目の前の斜面はただの斜面に戻っていて、インクラインの痕跡は見当たらない。そもそも最初から遺構が存在しないという可能性もある。
 この画像はとあるインクラインを横から見たものだ。こんな風に、木桟橋を組んでいたのかもしれない。と言うか、土木作業が難しい急斜面ではこうするのが手っ取り早いのだろう。伊尾木林道の小川線で見つけたインクライン跡は斜面が滑らかなで直接レールが引かれていたように見えるが、そういうのは少数派で稀有な例なのだろう。たぶん。

←(高知営林局「製品生産の変遷」より)
 というわけで、地上に痕跡がないため、かなり勘を頼りに登っている。それでも所々に石積みが残るのを確認した。直接的に軌道跡であると判断できるもの(例えば木桟橋の橋脚を支えていたとか)ではないが、いい線は行っていそうだ。
 途中、一直線に木の生えてないエリアがあった。ここにインクラインが敷かれていた? けど、幅が狭いか・・・・?
 しばらく登るとかなり傾斜がきつくなってきて、真っ直ぐ登ることができなくなった。左の画像はすでにインクライン跡を外れていて、少し上流側の尾根状になっているところである(川が左に曲がっている上の辺り)。
 しばらく登ると不意に傾斜がゆるくなり、この石垣が目に入った。
 石垣は浅い切り通しを守る石垣になっていた。川手の方は滑らかに斜面と繋がっている。空中写真で明らかになっていたとは言え、インクライン跡であると確信できる遺構をようやく見つけ、歓喜に満ちた。
 インクラインは伊尾木のそれと比べると、かなり傾斜が急だと感じた。滑落の恐怖を覚えるほどに。どれくらい急なのかを写真で表現したかったが、足場も悪く断念した。
 上流方向に目を向ける。ここからは上部軌道である。人跡が途絶えて久しいようで、草木がボーボーになっている。葉が枯れ落ちる冬だからこれくらいで済んでいるが、でも歩きやすいというほどでもない。
 浅い切り通しを抜けたところは盛土されており、石積みが残る。
 20mくらい進んだだろうか。大きな岩壁が行く手に立ちはだかっている。軌道は崖っぷちを走るようだ。
 ようだなんだが・・・・。
 ようなんだけど・・・・・・・・・・・・・・。
 なんかおかしい。さっきから全然平場がない。どんなに荒れた路線でも、ときたま申し訳程度の平場が現れたりするものだが。まして過去の写真にあんなにくっきり写っているなら。
 あ、でもレール。レールがあるということは、やっぱりここで合ってるんだよなあ。
 それとも上か? 上から落ちてきたのか?
 うーん、わからん。全然わからん。ひょっとして、はじめから路体がないパターんだろうか。
 冒頭のとおり、上部軌道は規格の低い牛馬道となっている。作業道とか、山内軌道などとも呼ばれる。一時的に使うために、かなり簡素な作りになっており、大抵の場合木造の高架となっている。書類上は2級線になっている安居線でさえ、大滝神社周辺ではふんだんに木桟橋を用いているから、格下の路線でそれを利用しない理由はないだろう。

←(高知営林局「治山林道の変遷」より)場所は不明

だが、そんな想像を一瞬だけ真っ向から否定するギクリとするような出会いがあった。
 

 もちろん、トンネルだと思ったさ。でも中は行き止まりで、過去に貫通していた様子もない。が、左の壁に石が積まれているので、人の手は入っているようである。 自分の考えだが、当初は上部軌道も2級線として計画され、トンネルも含む路線だったのではないだろうか。それが何らかの事情で計画が縮小され、上部軌道を牛馬道に格下げして建設されたのではないだろうか。で、これは計画変更の成れの果てではないかと。実は向かい側の斜面にも似たものがあったので、遠からずとは思っているが、根拠はない。
 その後は結局、上部軌道の痕跡は発見できず、ギブアップを決断した。地形図を参照すると、終点と予想される地点を通る山道があるので、上流側から下ってくるという方法も考えられるが、現時点ではそっち方面には手を付けないほうが良さそうだ。でないと、キリがなくなる。


サイトトップに戻る  廃線メニューに戻る