伊尾木林道小川線跡4


 ここが玄関のようだ。何百人もの人々がこの土間を踏んで出入りしていたのだろう。古い写真を見ると、両岸に合わせて5,6棟の建物があったようだ。事務所や購買以外にも幾つかの施設があったと思われる。ひょっとしたら、職員住宅なんかもあったのではと思う。
 建物の裏手部分。池のようなものがあった。鯉でも飼ってた?
 その奥にも小さな水槽のようなものがあった。便所跡かな? なら、大きい方は供用風呂か。でも、地面からの高さがないしな・・・・やっぱり鯉池かな。
 レンガを積んだ謎の構造物。焚口に見えなくもない。
 めぼしい物はほとんど回収・撤去されたらしく、期待したほど興味をそそるものは見つけられなかった。そんな中、少し目を引くのがこの塀のようなものだ。なぜこれだけ解体されず残っているのだろう。記念碑の代わりかね。
 落ちていたガラス瓶を意味もなく立ててみる。
 IKARI SAU・・・・イカリソースかな? 購買の売り物だろうか。あるいは食堂で使われていた? ガラス瓶となると、昭和30年代以前のものだな。
 軌道跡より事務所購買跡を見下ろす。
 同じく塀。瓶は貴重かもしれないので下に下ろした。
 広場を横目に先を急ぐ。間もなく折り返しがあるはずだ。
 欠損箇所が1ヵ所。谷の水で湿っている。
 そして橋の跡。小川川に架かる二番めの橋だ。ここが折り返し地点であり、左岸に戻って標高を上げながら下流方向に進んでいる。
 河原から見る橋の跡。
 起点側の橋台。
 こちらは終点側。崩壊著しい。
 崩れた橋台の一部だったもの。目地にはコンクリートが使われている。戦後開かれた路線なので、施工がいくらか近代的なようだ。
 崩れた橋台を登る。崩れた石垣が階段状になっており、案外登りやすかった。
 登るといきなりコレが目に入った。多分、ここの撤去品だろう。
 すぐ後ろが橋の跡になっている。
 枕木には犬釘が残っていた。犬釘としての役割を果たしていた期間より、こうやって放って置かれた期間のほうが長いだろう。けなげ組に入れてやりたいところだ。
 二段目は欠損箇所が多く状態がよくないようだ。
 小さな切り通しに倒木が倒れかかっている。
 途中で道がふた手にわかれた。左はゆるやかに登っており、右は急速に下っている。最初の橋の手前の分岐に通じてるのだろう。
 少し進むと、右の道はあっという間に下界に消えていった。
 更に少し行くと、大根でも干していそうな大きな木の桟があった。また路肩を守っているものだろうと思い、気に留めずに進もうとした。
 すると左後ろから三段目の不意打ちにあった。前触れもなく突然現れたので、どういう状態なのかとっさに理解できなかった。
 よ〜く見ると、向こう岸に橋台が残っていた。ヘアピンカーブを作るスペースを稼いでいたのだった。
 橋台の上から。
 川を渡った軌道は滝壺の内側のような所を半周している。
 水は暗渠の中を流れていたと思うが、すっかり崩壊している。
 ヘアピンの出口と入口では2mほどの高低差がある。ちょっとした高さでも、鉄道にとっては貴重な"稼ぎ"だ。
 ヘアピン部分全景。
 中段と上段は急速に高低差を広め離れてゆく。
 そしてこの切り通しで向きが変わり、完全に離ればなれになる。
 古い伐採の跡地なのか、空がよく見える。
 この斜面は荒廃が進んでいる。
 築堤も破壊されている。
 そんな所に、何故かタイヤ。
 何のタイヤ? どこからタイヤ? 軌道跡を自動車が走ってきたのか??? んなまさか。

前ページ  目次  次ページ